弁護士事務所

遺言と法律


遺産相続には正式な文書を


遺産などが多い場合、大抵の場合は遺言を残す方が多いです。遺産相続などで混乱を招かないように残す場合がほとんどですが、法律などにのっとっていない場合、個人で作成すると逆に混乱を招く場合があります。ですので遺産が多い場合には、弁護士や行政書士の方に依頼をして正式な遺言を残す必要があります。

法律に詳しい方なら問題はないと思いますが、相続で問題が起きてしまうと、親族同士の争いとなってしまいますので、なるべくプロにお願いしましょう。



遺産相続の専門家


弁護士や行政書士の選び方としては、まずその事務所がどのような分野に強いのかを知る必要があります。一言に弁護士や行政書士といっても、全ての事に精通している訳ではありません。ある程度は対応はしてくれると思いますが、事務所によって強い分野と弱い分野がありますので、しっかりと調べる必要があります。

インターネットなどで検索をすれば、その事務所の特色がわかりますので活用すると良いと思います。また、事務所が通いやすい場所にあるというのも重要です。



事前の準備が重要です


実際に弁護士を雇うとなると、費用が気になる所だと思います。これは遺産の額によって変動する場合がほとんどですので、どのくらいの費用がかかるのか、自分で調べる必要があります。こちらもインターネットをうまく活用してしっかりと把握しておきましょう。また、無料相談が可能な事務所もありますので、費用のことも聞いてみると良いかもしれません。

遺産でのもめ事は解決が難しいことが多いです。そうならないためにも遺言の作成には細心の注意をはらいましょう。


弁護士基準の交通事故慰謝料は?