弁護士事務所

弁護士の時給の実情


弁護士の報酬


弁護士の報酬というのは事件単位と時間性で報酬を請求するものの二つの計算方法が存在します。時間制の場合には依頼する先生のレベルにもよりますが、時給では1時間1万円から5万円程度までそれなりに価格に開きがあります。30分5000円という話がよく話題にのぼりますが、これは基本的に初回の相談料だけが該当するケースが多くなっています。

タイムチャージの場合にはいくらかかるかわからないため、依頼者としては総額をあらかじめ決めて事件単位で計ああ意的利益を基準にして支払う方法を選択することが多くなっています。



成功報酬とは


経済的利益を基準とする方法での報酬の場合には、費用の支払い時期は事件の着手時に着手金が支払われ、終了時に成功報酬が支払われることになります。一般的に成功報酬はその名のとおり成功したときだけに支払われるものとなります。

したがって敗訴となると弁護士の成功報酬は得られなくなり、時給換算にするとかなり安い仕事になってしまうので、負けてばかりになると仕事にならなくなるのが実情となるのです。勝率がそのまま報酬につながるのはなかなか厳しい仕事といえます。


弁護士基準の交通事故慰謝料は?


費用の相場


個別の業務ごとの弁護士費用はある程度業界内で決められており、内容証明郵便の作成で1件1万から2万円程度、弁護士名義なら3万円、文書作成で3万円、交渉で着手金10万円、裁判で着手金最低30万、不動者訴訟の着手金で30万、交通事故の着手金で20万から、離婚の着手金で20万程度といったように、内容によってだいたいの標準価格といったものが決められています。

さらに個別の先生の勝率や実勢でこの金額に上乗せされていくことになるのです。