弁護士事務所

弁護士会の機能


弁護士会とは


弁護士会というものには明確な定義が存在します。それは、弁護士の氏名や職務にかんがみ、その品位を保持し弁護士事務の改善進歩をはかるために弁護士の指導、連絡および監督の事務を行うことを目的として設立される法人で、地方裁判所の管轄区域ごとに設置されることが弁護士法で定められているのです。この地方の個別の会が設立しているのが日本弁護士連合会ということになるのです。

個別の弁護士はとにかくどこかの弁護士会に必ず所属することが義務付けられているのです。



弁護士会への所属義務


東京地区については、例外的に3つの弁護士会が設定されているのが他の地区と大きく異なる部分となります。そのため全国規模で見た場合には52の会が存在することになっているのです。

弁護士法人となっているところも個別弁護士と同様に所属が必要になります。また外国法事務弁護士の場合も事務所の設置えりあにあるこの会に所属することが必要となります。とにかく国内で弁護士業務を行う人間はかならずどこかに所属することが必要となるのです。


残業代請求のための専門相談窓口【相談無料】


弁護士会の業務とは


この弁護士会の主要業務は一体何なのかが気になるところですが、個別弁護士や弁護士事務所、外国法事務弁護士の懲戒業務を担っているのが一番の重責ということができます。

他国ではこうした責務は裁判所が負っているのですが、この国に関してはこの会がこうした職責を負っているところが大きな特徴ともいえるのです。この機能は戦前には司法大臣にゆだねられていましたが、戦後は弁護士の独立性を担保するためにこの会へと移行した経緯があるのです。