弁護士事務所

不当解雇訴訟


ブラック企業を許すな!


不当解雇訴訟は近年増加しているとされています。その理由はブラック企業などの問題などに代表される労働環境の劣化が影響しているからです。こうした不当解雇に関してきちんと立ち向かっていくということは、労働環境を全体的に見直していくという意味でも社会的な意義が高い行動であると言えます。

まずは労働関係に強い弁護士を探すということが大事です。その分野で有名な弁護士の事務所を探すことで所属している専門家に担当してもらうことも出来ます。



問題に応じた弁護士選び


有名弁護士ということになると個人の問題は担当しないということも多いので他の所属している弁護士が担当してくれるということが多いです。ただ弁護士事務所というものはそれぞれの特質があるので労働関係の訴訟に強い弁護士に依頼するということも可能になっています。

例えば大手企業ということになれば、かなり強力な弁護団が相手になるということもあるので依頼する弁護士もきちんとした実績がある人を選択するということが大事です。


残業代請求のための専門相談窓口【相談無料】


証拠となりうる書類は必ず保管


中小企業ということであっても不当解雇に関する大切な情報を隠ぺいして訴訟されたことに対するリスクを避けるということは十分に考えられるということから在籍していた時の記録やどのように解雇されたのかということなどを書類でも良いので形としてきちんと残しておくということが大事です。

大抵は解雇通知などを会社側が突然送ってくるということも多いので、そうした書類はきちんと残しておくことが大事です。文章や日付などから不当解雇を裏付けることが可能になります。