弁護士事務所

浮気調査


不倫、浮気調査のポイントは


不倫や浮気といったものは弁護士活動でも当然登場する業務ということになります。基本的にこうした不貞行為をやめさせるとともに、離婚に持ち込むのか相手から慰謝料を徴収するかによってその活動内容は異なるものとなるのです。

こうしたものの場合には具体的な証拠が必要となり場合によっては裁判にまで持ち込まれることになりますので、費用も期間も大掛かりなものになることさえあり、依頼する側も仕事を引き受ける側もどこを落としどころにして活動を行うかが大きなポイントとなります。



不倫や浮気の定義


不倫や浮気には一定の基準が存在することになります。法律上では本人の意思で配偶者以外の異性と性交渉を行うことを不貞行為として定めており、これに抵触するのかどうか、またその証拠があるかどうかが弁護士が活動を行う際のもっとも基本的な判断要素となってくるのです。

この場合離婚原因にもなりますので、配偶者と不倫相手双方に対して慰謝料を請求することができ、弁護士もそれを目標にして活動を行うこととなってくるのです。


残業代請求のための専門相談窓口【相談無料】


依頼人の要望


ただ不貞行為があったから即座に離婚と慰謝料の請求が印とめられるとは限らないのが難しいところで、配偶者に十分な反省がみられ、裁判所が夫婦関係の修復が可能と判断した場合には離婚を認めないケースもあるのです。

したがって離婚を目標として業務を引き受けた場合には弁護士はそれが実現するように活動を行うことになってくるのです。浮気をきっかけとして依頼人が何を求めているのかによってこうした弁護活動は大きく異なるものとなるのです。