弁護士事務所

ブラック企業訴訟


若い世代に増えるブラック企業訴訟


ブラック企業の訴訟は、最近、マスコミで取り上げられています。とりわけ、最近では、ブラック企業の訴訟が、非常に若い世代の人間が多いことも特徴の一つです。会社のご都合主義などに振り回されている若者が少なくないのです。

声を上げているのが、若い世代なのも、世間を驚かせている原因の一つなのですが、若者を食いものにしている企業も少なくないのが実情のようです。ただ、働けば良いというものでもない時代となってきています。



法人相手の裁判


世情を反映している企業を探すのは、至難の技なのかもしれません。会社勤めが向く人、向かない人など、事情は様々ですが、働くことが並大抵ではないのが、概ね世間一般常識となっています。女性の場合は、結婚などで逃げてしまう、うまくやっていくという方法を選択する方が多いのですが、そうもいかない方も少なくありません。

個人が法人を相手に裁判となると、かなり大変なことが多いのが実情です。長いものにま巻かれろと、流されてしまう方も多いことでしょう。


残業代請求のための専門相談窓口【相談無料】


早めの対応がポイント


どうして、個人が法人を相手に訴訟をすることが大変なのでしょうか。実は、法人は、弁護士を顧問契約で雇っていることが殆どなのが実情です。個人で相手にしてもらえる、契約で雇える場合は、殆どないのが実情だからです。早めに法律相談をすること、これが、ブラック企業を相手の訴訟の際のポイントとなるのが実情です。

民事なのか、それとも刑事的に争うべき問題なのかについても注意が必要です。夫が会社に騙されていた時、家族が支えになるのは、言うまでもありません。