弁護士事務所

顧問料の相場


弁護士の顧問料


弁護士の顧問料というのは固定化された金額があるように思われますが、個別の契約により金額は実に様々なものとなっています。日弁連が開示している顧客アンケートの結果から見ますと相場として月額5万円から10万円というのが非常に多くなっていることがわかります。

大規模な企業の法律事務所への顧問料の支払いをのぞけば中規模以下の企業からの報酬はほぼこのレベルが中心となっていることが推測されます。しかしこの金額も確実に各社が支払うというものではなくなってきています。



費用の傾向


この顧問料というのは需給関係で決まる要素が多く、安価に引き受ける弁護士が増え、しかも仕事を依頼する企業数が一定である場合には安くなる傾向にあります。最近ではどちらかといえば需要に対する供給のほうが過剰になりつつありますので全般的に安くなる傾向があることは確かです。

またこうした月間の固定報酬は辞退する代わりに事ある毎にタイムチャージで請求する弁護士も登場するようになっており、相場に対する考え方自体が変化しているともいえるのです。


残業代請求のための専門相談窓口【相談無料】


専門性と報酬


そんな中にあっても特定領域に深い知見を持つ弁護士で、絶対にこの先生でなくてはだめという領域をはっきりもっている場合には、かなり安定的に顧問料を得られるケースも多くなっているといえます。

まさにこの業界も横並びの報酬体系ではなくなりつつあり、知見や経験、専門性が鋭く問われるようになっており、それが報酬にも色濃く影響をあたえる業界になって来ているといえます。ある意味ではなかなか厳しい業界になりつつあるといえます。